ママさんパパさん必見!便利なお名前はんこ!

入園、入学シーズンになると、必ずと言って良いほどお子様の持ち物全てに名前を記載する必要があります。
持ち物全てと大きく伝えていますが、オムツ1枚1枚にも名前を書かなければなりません。
毎日オムツ換えをしてくれている保育園の先生に感謝する反面、たくさんのオムツに名前を書くことは結構な労力で、時間がかかってしまいます。
そんな時に役に立ってくれるのが、お名前はんこ。インクをつけてペタペタとオムツに押していくだけなので、短時間でたくさん名前を記入することが可能になります。
また、字を書くことが苦手で、字に自信がない人でも、綺麗で失敗も少なく名前を付けることが出来ます。タオルなど、ペンだとなかなか書きにくい場所でもお名前はんこがあれば確実に名前を書くことが出来ますよ。

用途にあったはんこ選びをしよう

はんこの種類はたくさんあるので、どこに押すのかを明確にします。
まず大きさです。
横幅が5~6cmの大きいサイズは、オムツにオススメです。
横幅1~1.5cmの小さめサイズは洋服のタグに。はんこだと、狭い範囲にも名前を記入出来るので便利です。
その他の中間サイズは、押せる場所さえあれば、様々な所で発揮出来そうです。
押す場所や、押す頻度によってサイズ選びの参考にしてみてください。
インクにも種類があり、布に押せるものや、耐水性インク使用と書かれている、その名の通り洗濯をしても消えにくいインクです。
耐水性があれば、お弁当箱やスプーン、フォーク、コップなどにも押せるようになりますよ。
インクの色は黒のみならず、紺や黒の物に押す白系のインクもあると便利です。

消しゴムではんこが出来る

お名前はんこはインターネットや、はんこを扱っている店舗で購入出来ますが、はんこ用の消しゴムで手作りすることもできます。
どの位の大きさにするかを決めて、考えた図案を紙に書いていきます。中の絵は鉛筆で枠は消えないペンで書いていきましょう。このとき反転させなくてよいです。
そして枠も鉛筆でなぞり、消しゴムに転写していきます。
枠通り完成する大きさに消しゴムを切って細かい部分に注意しながら彫り進めていきます。
彫り終えたらインクをつけて一度押してみます。修正する場所があれば直していき
ます。
細かい作業になるので、カタカナの名前や簡単なマークなどから挑戦してみてはいかがでしょうか?
手作りならではの味が出て、出来上がりまでも楽しみですよね。
是非、オリジナルのはんこ作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。