お名前はんこで色々なことを楽しもう

幼稚園児や保育園児、小学生などの児童が、自身の持ち物と他者の持ち物を混同しないように、衣類や文房具、水筒、バック、靴、上履き、帽子、制服といった必要用具一式に名前を書くことを必要とされる中で、そういった手間を省く目的で、一般家庭に普及したお名前はんこは、近年、落ち着いた柄のはんこや、漢字表記のはんこ、女性らしい可愛さのある柄のはんこなど、ビジネスにおいても使用できるはんこなども発売され、テレビや雑誌といった各メディアでも頻繁に特集が組まれるなど、児童に限らず、今までお名前はんこを使用する機会のなかった、大人の間でも、注目を集めています。人気メーカーの名前入りはんこでは、入手が困難になるほど、注文が殺到しており、静かなブームにもなっています。

名前を入れたはんこの作り方とは

お名前はんこが急速に普及し、はんこメーカー各社が、メーカー独自の趣向を凝らしたはんこの数々を製造しており、現代では、実に様々な商品が販売されています。従来型のひらがな表記のものであれば、はんこ本体とは、別で、50音のひらがなが印字されているゴムシートやマスコットなどのマークが印字されているゴムシートから、自身の名前や好きなマークなどを組み合わせ、自分好みにカスタマイズできるものから、従来型の漢字表記のものであれば、実印にも使用できるような字体のものや、名前の漢字に併せて、キャラクター化された使用者のイラストが印字されているものなど、様々な商品があります。ネット通販などで販売している店舗では、それらを全てネット上で、オーダーすることができます。

名前入りはんこの具体的な活用方法

メーカー各社から、数多くの種類が販売されている名前入りのはんこですが、絵柄や構図などによっては、使用する場所を考慮しておく必要があります。ひらがな表記のものや、マスコットなどの可愛い絵柄が印字されたはんこでは、ご自身の持ち物や、友人、ご家族、同僚などといった、ラフな関係性の方とのやり取りなどでの使用が適しており、字体が複雑なものや、名前の漢字のみといったベーシックなデザインのものでは、銀行口座の実印、会社の決済印、保険や住宅などの改まった契約が必要とされる場面など、正式な文書を記載される際のはんことして使用される方が良いでしょう。いずれにしても、はんこを使う場面というのは、プライベートかビジネスといった具合に、はっきりと分かれるため、場に合ったはんこを使用するようにしましょう。

正しい書き方フォントでお子様の学びにつながります。 一番人気のベーシックセット15点入り2715円。 可愛いオリジナルイラストBOX付きでお子様大喜び。お子様の持ちものへのお名前つけは、お名前スタンプ「おなまえ~る」。年間20000セットの販売実績。 年間20000セット突破のお名前スタンプ専門店。お名前つけはおなまえ~るにおまかせください。 年間20000セット突破、人気の秘密はコスパです。 ご入学準備をお名前はんこで簡単に